ようこそ!

Save-Planet.net

我々の強み、それはサステナブルコミュニケーションです。
我々は、組織を革新的で人間味あふれるものに変えていくことを目的にし、広報部、マーケティング部、企画や市場調査部へのコンサルティングサービスを提供しています。
 組織内のコミュニケーション方法をデザインし、組織のイメージ管理、マーケティング戦略の設定、市場分析、人材が持つポテンシャルの管理に努めます。
 サステナブルコミュニケーション、マーケティング及び人材ポテンシャルの統合的な管理を通して人材開発のための調査や、組織内のコミュニケーション、新規企画事業をサポートします。
ビジネス&企業
 事業のマーケティング戦略については、イノベーション、IMC(統合型マーケティング・コミュニケーション)、TQM(総合的品質管理)に貢献するために働きます。我々の主な目的は企業及び組織の持続可能な開発や競争性に貢献することです。
社会責任戦略の中心にあるコミュニケーション
 責任のある組織や企業は、仕入先、得意先、株主、地域や協力者など、その存在のために貢献している全ての者に活動の正当性を示さなければなりません。
 コミュニケーションは社会責任戦略の中心にあります。今までになかった、また見ることを許されなかった横断性を持ち、今までにないほど企業の責任を価値づけたり、その先まで延長したりしています。
 このように、社会責任の全てをコミュニケーションの一部として捉える必要があります。行動は一時的ではなく継続的に企業の成長戦略の一部となり、変化への意志が固まるにつれて成長します。
 
内外部の対象の信頼を得て、最善の関係を作るために、コミュニケーションは組織や企業が持っている責任を公にする唯一の方法です。
その組織や企業が伝統的に使用するコミュニケーション方法は社会的責任コミュニケーションに用いることができます。ただし、内外を問わず、「情報」「意識」「フォーメーション」方法は優先すべき方法です。
コミュニケーションは社会的責任の差別化を図る一因として、強い要因になり得ます。ただし、人々がそれを知る必要があります。
そのため、コミュニケーションをすることが必要です。社会的責任コミュニケーションは、関係する全ての者との信頼関係を築く第一歩になります。社会あるいは顧客に選ばれる基準の一つです。
 国によって、協力者の健康や安全、人権や環境基準への配慮は、社会的に大事な基準として考慮されています。つまり、社会は組織や企業をその姿勢と行動によって区別しています。しかし、社会が判断するためには、企業の姿勢や行動を知る必要があります。
協力者を味方にする
責任について内部で連絡を取り合うこと、協力者の声がキチンと聞かれている、意見が尊重されるようなコミュニケーション環境を作ることは、協力者の満足度を、関わりを、結果としてその生産性をあげることに繋がります。
地域との信頼関係を築く
 社会的責任に基づいたコミュニケーションポリシーは企業を外部へオープンにすることです。今までの相手(株主、得意先、仕入先)との関係から、マスメディアやNGO等のように、より高い透明性と会話能力へと進化します。
 こうして、他の恩恵の結果も受けた社会的責任コミュニケーションは、地域で良くて安定な首尾一貫した企業のイメージを保証しています。
社会的責任コミュニケーションの三本柱
 社会的責任コミュニケーションは三本の柱で構成されています。関係する地域コミュニティには、オープンで協力的な新たなポリシーを表します。
 
 組織や企業の社会的責任を広報する
1-発展責任の策定とその測定方法を決める
・企業の成功はもちろん、企業が直面している持続可能な開発についての問題もオープンで透明性のある話し合いが出来る方法を採択
・企業が考案した責任行動を事実に基づく集計
2-対象が心配していることを払しょくする
・常に注意すること
・対象が違っても、それぞれの声が聞けるシステムを採択すること
・企業が取っている行動についての情報を提供し、対象の心配を払拭すること
3-自らに責任があるコミュニケーション行動の考案
・社会責任という姿勢に基づいたコミュニケーション戦略の策定
・社会責任の宣伝―内外の対象を学ばせること自体が社会責任行動とも言える、また、それが本当の意味で変化をもたらすための基本的なことです
・他ではコミュニケーションができないような社会的要因にコミュニケーションの場を提供する
・企業が市場で大切にしている特徴を世論に伝え、また供給に関する作り話を告発する
・消費者に、責任のある行いを促す
・消費者に商品やその特徴を区別出来るように教育し、消費者自らが比較でき、意識的に消費活動ができるための情報を提供

哲学

7つの大罪

労働なき富、良心なき快楽、人間性なき科学、人格なき学識

協力者

政府、NGO、NPOや企業の責任部署に社会の新たな全体像を届けるチャレンジです。社会への参加を宣伝することは、企業や組織が自分の役割を公に認める唯一の方法です。そうすることによって、内外の対象の信頼を受けて、良い関係が築けます。

研究&開発

セーブ・プラネットとは、環境保全プロジェクト、持続可能な開発、社会的なビジョンを持つ他組織との協力の他、資金調達とその管理までサポートするのが目的の組織です。

誘いとイベント

私たちは、私たちのエネルギーや共同の力を、生物の多様性こそが「生きることの本質」を構成することを認識しているし、決心しています。